等身大の自分

本気出せば今からだって何にでもなれるってずっと思い込んで生きてきた。

だから今はこの程度でいいやと妥協する理由にもなっていた。

しかし、これから先もその本気の力とやらは出てこないだろう。わかってきた。

悲しい気持ちかというとそうではない。穏やかな気分。あるがままの自分を受け入れる準備は終わった。未熟な未熟な自分自身を受け入れること。

 

生まれて死ぬことは誰にも避けられない事だ。そういった現実を受け入れて生きることが、地に足をつけて生きることなのかもしれない。

僕は以前よりも焦りは少なく、穏やかに生きている。今はこんな感じでいい。そう思った。