過去を悔いる。未来に不安を覚える。 今を生きる感覚が大切

過去も未来も幻想なのかもしれない。過去にも未来にも生きることはできないはずである。過去は変えられないけど、未来は変えられるでしょって思うかもしれないが、未来は確定してないから存在していない。つまり、未来を変えるなんてことは誤りである。現在を変えるが適切な言い方なのだろう。

未来は未来という時間に移動しないと辿り着けない。だから未来は確定もしていない。今現在から想像する未来というイメージだけで、その通りになるってことは確定していない。

 

将来を想像して不安になったり、喜んだりするのは活きた時間の使い方ではない。

過去を振り替えり、後悔すること活きた時間使い方ではない。

今を生きることの大切さを瞑想者が説くのは、こういった今現在という可能性に満ち溢れた感覚を体験しているからなのかもしれない。

 

これはほとんど自分の中に湧いてきた気づきです。

誰かの気づきのきっかけになればと思い記録しました。