考えと行動が不一致な理想主義者

それは僕自身のことである。

完璧の完全を求める。だが現実はとても届かない。努力してきたのかと思い返すと、

好きなことや、すぐに結果が出ることしかやって来なかった。勉強は一切やらなかったし、興味もなく成績は最悪だった。完璧を求めているのに努力はしない。考えと行動が矛盾している。

子供の頃からずっと、こんな自分弱さと向き合うことを避けてきた。

そんな図々しい人間なのに、人から嫌われることはとにかく怖かった。

だから外面良く、無難にその場しのぎの良い人を演じる日々だった。

好きだった学生時代の部活は、怪我を理由に途中で投げ出した。かといって有意義なことをせず、クラスのはみ出し者同士集まってダラダラと過ごしていた。

こうして嫌な事から逃げ続け、今にたどり着いた。社会人になって厳しい現実と向き合わざるを得なくなり、自分と向き合い始めている。今までのツケはなかなかに大きく、どうやって対処するか。

まず第一歩としては自己理解を進めている。16タイプの性格診断によると、infp型人生の意味を求めているタイプだそうだ。確かに現実を見ずに先のことや想像ばかりしていた。最近では哲学っぽいことにも関心が強い… また、内向的すぎるため、外への関心や行動を高め調和のとれた生き方をしていくと良くなっていくようだ。

こんなことをブログに書いているのも自己理解をしたいという欲求からだ。

自分の内面を見せる気恥ずかしさがあって、変な感覚だが今後も続けられたら何か発見があるかもしれない。いやしかし、誰かの役に立つ内容ではないから残念な内容で自己嫌悪だ。将来的には他人への思いやりが本心から湧き出て来るのが理想だ。

こんなにごちゃごちゃした思考の人、他にいるか。では。